<Japanene> <English>

一般社団法人 北海道ヘンプ協会とは?


「ヘンプを北海道の基幹作物に! 目標面積は全道で20,000ha」

当協会は、北海道にヘンプ産業を新たに創出することを目的としています。そのため、産業化に必要な法的整備を国や国会、道庁、道議会へ訴える要請活動、ヘンプの有用性と可能性に関する情報を収集し広める活動、一次加工会社(茎から繊維やオガラを生産し販売)の設立、ヘンプの大規模機械化栽培に必須な海外ヘンプ品種の導入に取り組んでいます。


北海道ヘンプ協会(HIHA)は、日本で唯一のヨーロッパ産業用ヘンプ協会(EIHA)の国際パートナー団体です

最新情報のコーナー


●HIHA仮訳:食品、サプリメント、医薬品、化粧品に含まれるカンナビジオール
(CBD)の合理的な規制について


ヨーロッパ産業用ヘンプ協会(EIHA)の2016年に公表され、2021年2月に更新されたEUにおけるCBD製品の規制に関するポジションペーパーを北海道ヘンプ協会によって仮訳しましたので公表します。

日本においても、21年1月~6月の全8回行われた厚生労働省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」の報告書で大麻草の植物部位規制から成分規制へと変えていくことが適当という方針がでています。

今後の日本の規制制度に対する参考資料としてご利用いただければと思います。

下記から、PDFファイルをダウンロードしてください。
HIHA仮訳:食品、サプリメント、医薬品、化粧品に含まれるカンナビジオール(CBD)の合理的な規制について
内容 
1.カンナビジオール(CBD)への序論
2.伝統的なヘンプ食品、CBD、新規食品
3.食品中のTHCの閾値に関する新たな見解
4.異なる濃度と適用におけるCBDの効能と薬理作用
5.医薬品、サプリメント、食品 CBDの3段階の規制と1日摂取量の提案
6.単一条約と産業用ヘンプに関する共通見解
7.化粧品におけるCBD


●厚生労働省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」への緊急声明

厚生労働省が2021年1月13日に設置した「大麻等の薬物対策のあり方検討会」にたいして、一般社団法人北海道ヘンプ協会(HIHA)は1月31日の臨時社員総会において下記の緊急声明を決議し、2月4日に同検討会座長と事務局の同省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課長に同声明を送付しました。

産業用大麻(ヘンプ)の普及を目指す当協会は、今回のあり方検討が薬物対策の観点のみならず、国内における大麻の栽培と産業利用の発展を可能とする大麻関連法制に関する議論を行うよう要望いたします。とりわけ現行大麻取締法における大麻の定義を見直し、全ての大麻草を対象とした植物体の部位別規制から、国際標準となっているTHC含有量による規制に移行し、利用目的とTHC含有量に応じた品種区分とそれぞれの区分に応じた適切な法的整備を提言いたします。

緊急声明の全文は、こちらのファイルをダウンロードしてください。
厚生労働省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」への緊急声明(日本語版)

厚生労働省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」への緊急声明(英語版)


●共同通信から取材を受け、記事になりました。

「大麻取締法は国益を損なう」ブランド米を生んだ農学博士がほえるわけ
2021/1/25


●北海道ヘンプ協会(HIHA)は、下記のイベントに出展しました

環境と健康にやさしいヘンプ素材の共同研究企業・農業経営者を募集
を目的として、出展しました。多数の参加ありがとうございました。

名称 アグリビジネス創出フェア2020(Agribusiness Creation Fair 2020)
開催日 2020年11月11日(水) ~11月13日(金)の3日間
会場 オンライン開催特設サイト
主催 農林水産省
入場料 無料(完全事前登録制)
WEBサイト https://agribiz-fair.maff.go.jp/
北海道ヘンプ協会の紹介 https://agribiz-fair.maff.go.jp/list_detail.php?keyno=94
研究・プレゼンテーション
日時 11/12 (木) 16:00-16:15 (A)
タイトル 北海道におけるヘンプ産業の有用性と可能性
発表者 一般社団法人北海道ヘンプ協会・代表理事・菊地治己 
注:WEBサイトから事前登録した人のみが、無料でプレゼンテーションを聞くことができます。

●世界各国のヘンプ協会が力をあわせて、「ヘンプは農作物であり、薬物ではない」と声を上げる。


ポイント
・ヘンプは本来2つの国際条約の対象外
・ヘンプのTHC許容量として1.0%を推奨
・北海道ヘンプ協会(HIHA)が日本の法的課題を世界へ発信
続きは、こちらのページへ


●寄付サイト・クレジットカード決済サイトができました

本協会の活動趣旨に賛同し、寄付をしたいという方を積極的に受け付けています。


●ASACON2019の報告書できました

2019年は、10月に北海道旭川市の大雪クリスタルホールにて、環境と健康に優しい産業用ヘンプ国際会議(ASACON2019)を開催しました。参加者及び会員限定で頒布していますが、報告書に興味のある方はご連絡下さい。また、無料公開講演の動画もありますので、ぜひご覧下さい。動画は下記の画像もしくはこちらをクリック

   



日本初のタイニー・ヘンプ・ハウスを募集中

●趣旨・目的
ヘンプハウスとは、石灰と麻チップ(オガラ)を混合した壁材やヘンプ繊維を使った断熱材などのヘンプ素材を使うことで高断熱性、吸音性、蓄熱性、調湿性、意匠性、耐火性、耐害虫性、低環境負荷性を実現する快適な家です。イギリスやフランスでは1990年代からこれらの家を多数建築し、イギリスの社会実験エコビレッジCATにも採用されている工法です。特に2008年からイギリスにおいて公共事業の工法にCO2削減の観点から採用され、体育館などの公共施設に使われ始めています。
 北海道においてヘンプ栽培後の繊維やオガラ(繊維をとった後の茎)の活用先の1つとして住宅建築分野があります。本プロジェクトでは、タイニーハウス(移動式小屋)をモデルハウスとして建てたい方を募集しています。

●「茶室」タイプ、「住宅」タイプ、「和室」タイプから選択  

仕様:14.7㎡のモバイルハウス、北海道旭川で施工するため寒冷地仕様となります
素材:ドイツ産ヘンプ繊維断熱材、フランス産ヘンプ専用石灰、国産のオガラなどヘンプの素材を最大限使用します。
予算:茶室タイプ(586万円)、住宅タイプ(510万円~、付帯設備追加のオプション有り)
    和室タイプ(473万円、最もシンプルで小さい7.9㎡のタイプ)
条件:完成後もヘンプハウスの普及に協力していただける方

住宅タイプ外観


茶室タイプ(図面)


呼びかけ:一般社団法人北海道ヘンプ協会 
協力:一般社団法人シンプルライフ協会 https://simplelife.love/  
(タイニーハウスの普及団体)

お問い合わせ:info@hiha.jp


----------------------------------------------------------------------------------
●中国黒龍江省ヘンプ産業視察ツアーの報告書できました

2018年は、6月のEIHAの国際会議、8月の当協会主催による中国黒龍江省ヘンプ産業視察ツアー、10月には、同じく中国湖南省長沙市で開催された中国農業科学院麻類研究所主催の麻類に関する国際会議での招待講演ななど、国際交流に取組みました。
 EIHAの国際会議の報告書に続き、このほど中国訪問の報告書を取りまとめましたので、興味のある方はご連絡ください。

 



日仏ヘンプ国際交流シンポジウム2017報告書ができました

画像をクリックしていただくと詳しい目次と概要のPDFファイルが見れます。
  目次
第1部 
日仏ヘンプ国際交流シンポジウム2017報告
第2部 
第14回ヨーロッパ産業用大麻協会(EIHA)国際会議報告
第3部 
中国黒龍江省・漢麻産業国際会議2017報告
付録  
品種について

全96頁  
本報告書が欲しい方は、当協会の会員なること又は会員相当の寄付することを推奨しています。あらかじめご了承下さい。


 会員向けお知らせ