HOME > コンテンツページ

北海道産業用大麻協会について

会員には、当協会主催のセミナーへの優待制度やヘンプ製品開発研究への参加制度等の特典があります。入会を希望される方は、ご連絡をお願いします。

一般社団法人 北海道産業用大麻協会 定款(一部抜粋)


第1章 総 則

(名称)
第1条 当法人は、一般社団法人北海道産業用大麻協会と称する。略称は北海道ヘンプ協会、英文ではHokkaido Industrial Hemp Association、略称をHIHAとする。

(目的)
第3条 当法人は、北海道における産業用大麻の有用性を広く道民に訴え理解を広め、産業用大麻の栽培と新たな大麻関連産業を創出することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1)産業用大麻に関する普及啓発事業
(2)産業用大麻に関する試験栽培事業 
(3)産業用大麻に関する研究開発事業
(4)産業用大麻の事業を計画及び実施する農業者、企業、自治体、大学等の研究機関に対する支援事業
(5)前各号に附帯又は関連する事業

(公告の方法 )
第4条 当法人の公告は、 当法人の主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法により行う。

第2章 社員

(入社)
第5条 当法人の目的に賛同し、入社した者を社員とする。
2 社員となるには、当法人所定の様式による申込みをし、代表理事の承認を得るものとする。
3 社員に会員(個人)と法人会員(企業、団体等)を設ける。

(経費等の負担)
第6条 社員は、当法人の目的を達成するため、それに必要な経費を支払う義務を負う。
2 社員は、社員総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

(退社)
第7条 社員は、いつでも退社することができる。ただし、1か月以上前に当法人に対して予告をするものとする。

(除名)
第8条 当法人の社員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反する行為をし、又は社員としての義務に違反するなど除名すべき正当な事由があるときは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)第49条第2項に定める社員総会の決議によりその社員を除名することができる。

(社員の資格喪失)
第9条 社員が次の各号のいずれかに該当する場合には、その資格を喪失する。
(1)退社したとき。
(2)成年被後見人又は被保佐人になったとき。
(3)死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は解散したとき。
(4)2年以上会費を滞納したとき。
(5)除名されたとき。
(6)総社員の同意があったとき。

(以下略)


 お問い合わせ


入会を希望される方は、下記までメールでお問合せください。

   北海道産業用大麻協会事務局

   hokkaido.hemp.net@gmail.com